マヨイゲンのブログ

思いついたこと、感じたことを書いていきます。

心の中がピンクで真っ黒

 どん兵衛のCMをご覧になった方も多いと思います。

 

 星野源さんがどん兵衛を食べようとすると、どん兵衛の精? の吉岡里帆さん(狐っぽい扮装をしている)がどこからともなく現れて「逃げ恥」っぽい展開(陰気な男と可愛い女性が、見ているこっちが小っ恥ずかしくなるようなやり取りを繰り広げるあの感じ)になる、男に媚びているのとしか思えない、あざとさ全開の、あのCMのことです。
 
 思うところは色々とあります。
 
 星野源さんサイドはいつまで「逃げ恥」のイメージを引っ張るんだろうか?

 

 広告を打つ企業側もいつまで星野源さんに「逃げ恥」のイメージを求めるのだろうか?

 

 吉岡里帆さん、いくら何でも可愛すぎないだろうか?

 

 吉岡里帆さんって安めぐみさんに似ていないだろうか?

 

 どうして僕がどん兵衛を食べようとしても、どん兵衛の精霊が現れないとだろうか?
 
 仮にどん兵衛の精が現れたら、僕の部屋は汚いので、不快な思いをさせてしまうのではないか?

 

 そう考えると、申し訳ないのでどん兵衛の精にはやっぱり現れて欲しくないや、等々。
 
 でも、僕が1番言いたいことは「"食べられない"って、いくら何でもエロを暗示し過ぎではないだろうか?」というです。

 

 このCMには、どん兵衛の精である吉岡里帆さん出現後に星野源さんが"おあげ"を食べようとすると、吉岡里帆さんが痛がる素振りを見せるシーンがあるんです。

 

 どうも、"おあげ"と吉岡里帆さんの感覚が共有されているって設定みたいでして(まあ、その割に、おあげはしっかりと熱湯に浸かっているはずのに、どうして吉岡里帆さんは熱がらないんだ? って感じですが)。
 
 吉岡里帆さんが痛がる素振りを見せるから、星野源さんは気を遣って食べるのを止めるんですよ。

 

この「痛がるから食べるのを止める」って構図、まさに処女喪失の場面を暗示しているとは思いませんか?

 

 いや、絶対に製作者サイドはそれを意識したはずです。

 

 そうとしか思えません! 

 

 性を暗示させることで視聴者の気を引こうとするなんて、いくら何でも露骨すぎますし、浅はかです。

 

 日清さんは大好きな企業なのに、ちょっとだけ印象が悪くなりましたよ。

 

 え?

 

 そんなことを考えてのは、僕だけですって?

 

 僕が変態だから、そんな歪んだ解釈をするんだろですって?

 

 確かに、「キャベツ畑」や「コウノトリ」を信じる少女はあのCMを見ても、僕のようには捉えませんね。。。

 

 僕が黒く染まってしまっただけだったんですね。。。

 

 日清さん、変なイチャモンをつけて申し訳ありませんでした。

 

 これからも贔屓にしますんで、どうぞご勘弁ください。