マヨイゲンのブログ

思いついたこと、感じたことを書いていきます。

くだらない悩み

 MacBookを購入するか。
 
 iPadかを購入するか。
 
 ここ一ヶ月の僕の主だった悩みです(こんなんで頭を悩ましている僕は本当に幸せ者です。おめでたいです。ただ、貧乏なので両方買おうという選択肢はありません。やっぱり幸せではないかも)。

 

 前にも書きましたけど、この文章はiPhoneで書かれています。本田翼さんと違ってディスプレイを油脂や指紋まみれにしながら。

 

 ゴロゴロしながら書けるのは姿勢も楽ですし、気軽だし、メリットもあるのですが、やはりストレスが溜まります。

 

 フリック入力で文字入力しているのですけど、文章が進むにつれて画面が明らかにベタベタしてくるのが指先に伝わってくるんですよ。本当に不快です。本田翼さんみたいに、油脂が排出されない体質だったらなと何度思ったことか。

 

 そこで、MacBookか、iPadの購入を検討したわけです。

 

 MacBookの購入を検討した理由は分かりやすいですよね。キーボードがあるから。それに尽きます。バタフライキーボードは賛否両論あるみたいですけど、店頭で確認してみたところ、第二世代のバタフライキーボードはむしろ僕好みでした。病みつきになりそうなほど、癖になる感触に感動すらしました(ちょっと大袈裟かも。。。)。
 
 また、ブログの管理もiPhoneでやるよりも作業効率が確実に高そうですし。画面もiPhoneよりずっと大きいですから、資料を参照しながら文字を打ったりもできるでしょう。iPhoneだといちいち画面を切り換えないといけないので、煩わしいんですよね。
 
 まあ、色々と書きましたけど、結局MacBookを購入したい1番の動機は、実は上記のような現実的な理由からではなくて、ただ単に"MacBookで文章を打つ自分自身に酔いたいから"、なんですよね。ようはモチベーション的な問題(笑)
 
 やっぱり憧れがあるんですよ。MacBookを持つことに。デザインも格好良いですし。オシャレじゃないですか。そんなオシャレなMacBookを所有する人達の仲間入りしたいと言いますか(スタバに持ち込んだりはしないと思いませんが)。

 

 で、次はiPadの購入を検討した理由ですが、やっぱり僕は生産者というよりも明らかに消費者なので、MacBookよりも消費に適しているiPadを買った方が自分の用途に合っていると思ったからです。別途キーボードを購入すれば、MacBookほどではないにしても、大画面故にiPhoneよりはより効率的に文章入力が出来そうですし。ユニバーサルアプリでしたら、iPhoneとアプリの共有できますしね。

 

 ただ、iPadに出来て、iPhoneには出来ないことってそんなにないんですよね。次期iOSでは増えるかもしれませんけど。。。

 だったら、やれることが格段に増えるMacBookを購入した方が良いのかなと思ったり。
 でも、iPad(厳密にはiPad Pro)にはApple Pencilがあるから、お絵描きをしたり、手書きノートを取れたり、色々と楽しそう! なんて思ってしまって、どちらを買うか決めかねている状況です。

 

 あげくの果てには、MacBookiPadの間を取って? Surfaceを買ったらどうだろうか? なんてことまで検討し始める始末。

 

 うーん。


 迷います。

 

 でも、こんなくだらない悩みでも、他のもっと重大な悩みや、モヤモヤした不安を頭から追っ払ってくれるので、実は感謝していたり。

 

 頭がシングルコアで良かったと思った、今日この頃でした。